居宅介護支援事業所

  1. ホーム
  2. 居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所とは

 

ご本人様やご家族様に代わり、要介護認定の申請やケアプランの作成や各種サービスなので介護サービス上の各種手続き、事業所などの紹介、また、適切なサービスが受けれるように事業所とご家族様の連絡調整などを行うところになります。また、介護に関する様々なお悩み、ご相談なども受け付けています。

要介護認定について

 介護保険の各種介護サービスを利用する為にはまず、利用を希望している方が「介護が必要であるか、またどの程度の介護を必要としているか」を判断する「要支援・要介護認定」が必要になります。

 介護が必要であると認定されると、「要支援1・2、要介護1・2・3・4・5」と必要に応じて介護度が決まります。介護度に応じて利用できる額が変ります、その範囲内で必要な介護サービスを受けていく事になります。

 居宅介護支援事業所は、この要介護認定の申請の手続きや更新手続き等の代行も行っています。

 要介護認定を受けるには、各市町村(又は特別区)の介護高齢課に申請します。申請後、市町村より以来された調査員がご自宅等に伺い、心身の状況を調べるための認定調査を行います。
認定調査の他に、市から主治医に介護を必要とする原因疾患等についての意見書の作成を依頼します。

 認定調査の結果と、主治医意見書、それらの内容をコンピューターで判定した1次判定結果を基に、介護認定審査会で審査、判定を行い、介護が必要かどうかの判断を行います。

ケアプランについて

 ケアプラン(介護サービス計画書)は、要介護認定を受けた方の介護ニーズを把握し、ご本人様の自立を支援し健やかな生活が送れるように、又ご家族様の負担軽減のために、様々な種類の介護保険サービスの中から必要なサービスを「いつ、どれを、どのように、どの程度」利用するかという計画書になります。
 ケアプランの作成については、担当のケアマネージャーとご本人様、ご家族様などで話し合い一緒に作り上げていきます。また、ケアプランについては代行を依頼せず、自分で作成する事も可能です。

ケアマネージャーについて

 ケアマネジャー(介護支援専門員)は、介護保険法によって定められた資格です。医療・福祉等の分野での十分な実務経験があり、都道府県による試験に合格し、実務研修を終了した者のことを言います。
 ケアマネジャーは、要支援・要介護と認定されたご本人様やご家族様がどのようなサービスを必要としているかを把握し、必要な介護サービスを受けれる様にケアプランを作成し、各種介護サービス事業所と連絡調整を行う仕事をしています。
 又、介護サービスに係る様々なご相談、助言なども行います。

施設紹介

プランタン 居宅介護支援事業所

〒078-8220 北海道旭川市10条通19丁目1番1号 
TEL 0166-73-8173
FAX 0166-73-8179

詳細を見る

 プランタン居宅介護支援事業所は在宅で生活されている方の介護に関するお悩みやご相談・ご支援等をさせて頂いております。経験豊かな介護支援専門員は12名(男性5名、女性7名)で皆様のご支援をさせて頂いております。
 新規の相談、どしどし受け賜わっております。まずはご相談を!!!